2009年08月24日

動物愛護ボランティア登録

わうくらすってご存じですか?

小学校で子供達に、動物とふれあってもらいながら、人も動物も同じ生き物である事を体感してもらい、命の大切さや思いやりの気持ちを育んでもらう動物愛護授業です。

私自身も幼い頃、飼っていたペットを通じて命の大切さと重さを学びました。
愛護の心って、体感する事で成長するものなんでしょうね。
心音機で初めて聞く、人と犬の心臓の音。
犬を抱っこして感じる生きている暖かさ。
ゲームでしかペットを飼った事がない子には、きっと忘れられない授業になるでしょう。


そんな興味深い活動に、WITH DOGまあるさん達の紹介で、微力ながらも参加させてもらう事になりました。


動物愛護センターで13時~17時まで睡魔と闘いながら^^;の講習会


休憩時間には、愛護センター名物「子犬とのふれあい」にも参加^^

最後にセンター内も案内していただけました

管理棟にいた 分身の術?!と驚くほどソックリな6匹の兄弟ワンコ達(笑)

 でもこの子達も、飼えないから‥と、見捨てられたワンコなんですよね‥

「譲渡候補犬」と認められた犬達はまだ幸せですが

認められなかった犬達は、この写真の奥の部屋で、殺処分されてしまうのが現実です。

 安楽死‥

この場でお話を聞いていて、涙が出そうになりました。


 みんな幸せになる為に産まれてくるはずなのに

 安易に繁殖させてしまう無責任な人間のせいで・・・


今の気持ちを上手く表現できないのですが、心の中に熱い火種のような物ができたような気がします。


 知ってるようで知らない事

 ちょっと勉強するだけで解決する事

 まだまだ多いです。


ボランティアなんて私には無縁だと思っていたけど、今は早く活動に参加したい気持ちで一杯です。



あぷりもボランティア犬に認定されるように、おりこうさんブリッコ頑張ろうね♪







  


Posted by あぷりママ at 07:00Comments(4)ペット自慢