2008年10月31日

毎日の牛乳摂取&程度な運動の継続を

牛乳を象徴する栄養素「カルシウム」は、体内ではどのような働きをするのでしょう?

丈夫な骨や歯を作るほか、筋肉の収縮や神経伝達などに重要な働きをしています。

私たちの骨量は発育期にいちじるしく増加し、20~30代でピークとなり、それ以降、少しずつ減少傾向となります。

ですから若年期の充分なカルシウム摂取が、骨密度を高めるために大切なのです。

そして丈夫で健康的な骨を形成するために、継続的なカルシウム摂取も不可欠ながら、筋肉への刺激(負荷)、適度な運動が必要となります。

筋肉強化は骨の強化にもつながるからです。

したがって継続的な牛乳の摂取と適度な運動は、丈夫な骨の形成にとても重要なことなのです。


~宅配牛乳をBOXに取りに行くついでに、軽いストレッチ等、適度な運動をする等の習慣も提供したいですね!~




参考資料‥MEGMILK (監修/江沢郁子先生) 




同じカテゴリー(豆知識)の記事画像
牛乳で熱中症対策!
お客様限定なお得イロイロ♪
我が家の宅配物語
苦くな~いゴーヤのコツ♪
ヨーグルト効果♪
みちのくピロリ旅?!
同じカテゴリー(豆知識)の記事
 牛乳で熱中症対策! (2013-07-14 21:46)
 お客様限定なお得イロイロ♪ (2012-03-20 07:00)
 我が家の宅配物語 (2011-10-14 07:00)
 苦くな~いゴーヤのコツ♪ (2011-08-27 08:30)
 ヨーグルト効果♪ (2011-02-11 13:59)
 みちのくピロリ旅?! (2010-08-20 22:03)

Posted by あぷりママ at 12:00│Comments(0)豆知識
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。